シエンタのシートアレンジ

投稿日:

小型ミニバンといえば今まではホンダのフリードの独壇場でしたが、トヨタから新しいシエンタ発売されてからはその状況が大きく変わりました。
シエンタはそれまでも小型ミニバンとして販売されてはいたのですが、どう見ても男性が乗るような車ではなく、軽自動車のスーパーハイトワゴンの延長線上にあるような車でした。
それによって大きな売り上げはなく、生産と生産中止を繰り返して今まで発売されていたのですが、フルモデルチェンジによって大きく変わり、今や大ヒットモデルとなりました。

確かにこのクラスの車としては出来が良く、ハイブリッドモデルも用意されているので燃費面も優れています。
デザイン的にも先代モデルの様ななよなよしたものはなく、今のトヨタらしいデザインとなったので売れない訳はないと思います。
しかしこの車で少し気になるところがあります。
それがサードシートをたたむ行程、ミニバンはサードシートをたたんでそこを広いラゲッジスペースとして使うことができるものですが、シエンタはサードシートをたたんでフルフラットなラゲッジスペースを作ることができます。
しかし、サードシートをたたむには1度セカンドシートを完全に畳んでからでないとできないのです。

セカンドシートに誰かが乗っている、チャイルドシートが付けられている状態でサードシートをたたむことができないということです。
これは小型ミニバンにとっては致命的な部分、ボディが小さいのでサードシートを展開したり畳んだりすることが多くなるのでそのたびに「降りてください」とセカンドシートに座っている人に言って降りてもらったり、苦労して取り付けたチャイルドシートを1度外して出ないとできないのですから・・・。
ということはお父さんが先の先まで想定してシートアレンジを決めてからでないと家族を乗せることができないということです。
他がよくできているのに非常に残念です。